医師にとって医療事故とは 

医療事故は間違えれば人命などに重大な影響を与えかねないため、医師を含む医療チームが全体として防止にあたるのが望ましく、成果もあげやすくなります。ひとりひとりが危機感をもって仕事にあたるのはもちろん、情報の共有化や報告を正確にすることなどが改善点として考えられます。医院の規模に関わらず医師にとって医療事故は、実際上の支障を引き起こすだけでなく社会的な批判の対象にもなりかねないので、細心の注意を持って患者と接し正確な情報を引き出し、施術にあたるよう努力をしますが、サポート役の大切さも見逃すことはできません。

医療事故は医師のミス以外にもあります 

医療事故は、手術のミスと薬物投与のミスと病院内で起こるミスの3つがあります。手術のミスは、執刀する医師のミスや手術スタッフのミスや連携のミスや病理診断のミスや麻酔医の投与ミスなどです。術後に後遺症が残る場合があります。薬物投与のミスは、分量のミスや農奴のミスや投与頻度のミスや投与する薬物を間違えるミスや医師や看護士の判断ミスなどがあります。病院内で起こるミスは、診断ミスや診療ミスや説明義務を怠るミスや術前や術後の対応ミスや術後の経過観察を怠るミスなどがあります。

人間関係についての情報