デリケートな医療情報 

医療情報の開示については、厚生労働省医政局総務課が定める「診療情報の提供等に関する指針」において診療情報の提供等に関する役割や責任の明確化・具体化を図るとして上で、医療従事者等は診療情報を提供するように努めなければならないとしています。この指針におけるポイントは3点です。ひとつは医療従事者の守秘義務、もうひとつは医療従事者等は患者が患者の診療記録の開示を求めた場合には原則としてこれに応じなければならないということ、更に診療情報の提供を拒み得る場合もある点に触れています。

医療情報の保護について 

医療情報を保護することの重要性については、全国の医療機関においても欠かすことができない課題として捉えられており、患者に対する責任を果たすためにも、充実した体制を整えることが望まれています。最近では、パソコンなどを通じて医療情報を保護することが一般的となっていますが、外部への情報の流出を防ぐために、セキュリティ対策にコストを書けることが勧められています。例えば、プライバシーや機密などについて、医療機関については、様々なニーズを持った患者からの圧倒的な支持が集まっています。

人間関係についての情報