医師不足と救急患者について 

医師不足と救急患者について、特に緊急で搬送される患者さんは救急車の受け入れ要請などを断る病院も多く、一分一秒を争う状態でもなかなか、治療を行ってくれる病院が不足している現状となります。これは現代の日本の医師不足が招いている結果であり、そこで救急患者を診る事の出来るゆとりが無い事は今の日本にとっては問題の一つとして考える事となります。当然医療従事者となる方々が年々不足している事態にある事は十分考えられる事となりますが、そこを踏まえて考えても特にしっかりと考える事が、必要な事である事は言うまでもありません。

救急患者と医師の体制について 

救急患者の搬送に備え、大きな医療機関では24時間体制で医師やスタッフが受け入れ体制を整えています。しかしながら医師の数やスタッフの勤務体制、空きベッドの管理が十分でない所もあり、救急患者さんがたらい回しになるケースがたびたび起きています。ある程度症状が落ち着いたら退院させて、一般の病院へ通院させるような体制を取るのも大事であると考えます。夜勤の場合は医療スタッフの数が少ないだけでなく、曜日によっては専門の医者がいない場合もあります。

人間関係についての情報