医師の退職と再就職

医師の退職に関する説明 

医師の退職とは、医者が現在勤めている勤務場所の仕事を辞めることです。辞める時の手続きや決まりごとは他の職業と同じで、辞める意思を伝えた上で職を辞す流れになりますが、辞職後も他の職種ではなく、医者として再就職する場合が多いです。医者が勤務先を辞める理由としては、個人の都合による自発的なものと、勤務場所の都合による非自発的なものがあります。個人の都合によるものとしては、更に専門的な経験を積む為の他の医療機関への転職と独立開業などや、病気や体調不良による自主的な辞職などがあります。割合は少ないですが、医療に関する研究機関などへ再就職する場合もあります。勤務場所の都合によるものとしては、勤務場所が定めた定年規定や、病院経営の悪化による人員整理などがあります。結婚を機に仕事を辞めた女性医師の退職や、まだ医者として勤務できる年齢の若い人の対策としては、職場に復帰しやすい体制の整備や、医者が不足している地域医療への再配置などが検討されています。

医師の不養生に関して 

最近、テレビ番組の特集などでも、スーパードクターの日常生活を追ったものが高視聴率をたたきだしているようですが、こういった高い技術力を持つ医師たちは、ひとえに不養生であるといわざるを得ない生活を強いられている姿が映し出されています。同じ病であっても、治せる医者と、治せない医者がいるといっても過言ではなく、全国の医師にさじを投げられた患者さんが、生きたいという執念によってスーパードクターを探し出し、藁をもすがる思いでコンタクトを図り、治療を依頼している場合も多く、一秒でも無駄にしないために、寝食を削って患者さんに向きあっている医者もおり、そんな生活を繰り返していたら医者のほうがいずれ病気になるのではないかとさえ心配になってしまいます。有望な医者が不養生になるしかない今の日本の医療現場は、是が非でも改善しなければならないもので、このような高い技術力を後世に残し、多くの患者さんの命が救えるように、早急に見直してほしいと願わざるを得ません。

人間関係についての情報