医師の志望動機を何と答えるか 

「大切な家族を病気で失い、自分が色々な人の命を救いたいと思った」、「人の役に立てる仕事がしたい」など、医師を目指したいと思う理由は人それぞれですが、面接でどれだけ明確に思いを伝えられるかが明暗を分けそうです。口頭で答えるだけではなく、履歴書にも志望動機を書く欄はありますので、書く前に自分の考えをしっかりまとめるましょう。簡潔でしかも周囲の面接官などを納得させられる回答をする事が出来たら、夢に一歩近づきます。

医師になりたい人の志望動機とは 

医師不足が囁かれている現在ですが、そんな中でも医師を希望して勉強している若者が沢山います。その志望動機とは何なのでしょうか。多くある理由の一つとしては、「親が医者であること」が挙げられます。小さい頃から親の背中を見て育ち、当たり前のようにその道に進むことを考える場合もあるでしょうし、親の姿を見て尊敬の念から志望する場合もあるでしょう。自分が病気になったときや家族がお世話になった場合にも、自分も同じように人を助けたいという思いが生まれ、志望動機に繋がることもあります。

人間関係についての情報