多浪生は医師として不利か 

医師を目指すためには医学部のある大学へ進学して6年間学び、免許を取得するのが必須条件ですが、大学入試に失敗して複数年の浪人生活を続ける多浪生になる方もいます。医師として初めて就職する年齢に上限はありませんが、大学で6年間学ばなければいけない事や、キャリアの積み重ねで1人前になっていく事を考えるとなるべく早く卒業できた方が良いと考えます。多浪生の場合はきちんと卒業できたとしても、「医者として知っておかなければいけない知識が不足しているのではないだろうか」と思われる場合もあるので、就職に不利になる可能性はあり

実は医師の多浪生も多い 

医師に憧れていた人も多いでしょう。誰でも小さい時から接することになりますので、憧れを抱いて一度はなりたいと考える人も多い職業です。そして他の職業に比べてなることが難しいです。まず大学に入るまでが難しいです。大学に受かるために多浪生だった時期もある医師も多いです。いまは病院で患者さんの力強いサポートをしていますが、受験で苦しんだ人も多いです。また大学に入ってからも非常に忙しい学生であることもよく知られています。そこまでしてなりたいと考える多浪生も多いです。やりがいを感じることができる仕事でもあります。

人間関係についての情報