医師の収入について

医師は高収入な職種のひとつです。 

高収入な職種の代表的なものに医師の仕事があります。医師の年収は、勤務している病院や勤続年数などで違いますが、平均して1,000万以上の年収はあり、月収は100万前後になります。年収は、研修医時代はあまり差がありませんが、その後の勤務先によって変動していきます。大学病院に勤務した場合は、講師で700万円が平均で、教授クラスになって1,000万円になります。市立病院に勤務した場合は、最初の数年は600万から800万ぐらいが相場で、10年前後で1,000万円クラスになります。部長クラスになると1,500万以上になり、院長であれば2,000万円が平均になります。開業医の場合は、経営が成功すれば勤務医よりも稼ぐことができます。成功している開業医の場合は、2千万から3千万円の高収入も可能です。しかし、開業医は起業するための資本金が莫大なため、初期投資を回収するまではあまり利益がでにくいデメリットもあります。開業で年収アップがしやすい診療では、自由に金額を設定できる健康保険外の治療が多い、美容外科の人気が高いです。

医者の年収は高いか安いか。 

日本の医師の年収の平均は1,000万円程度です。この数字もピンきりで、研修医で400万円程度、開業医は3,000万円以上の方もいらっしゃいます。国家試験に受かり、どこの環境で働くかによっても、年収は差がでます。一番良いのが、実家が開業医でそのまま継ぐという形ですが、この場合高度な機器の導入で、借入しなければならないお金も発生します。仕事内容と比較をすると、医師の仕事は様々です。単に患者の治療だけではなく、それ以上の雑な仕事もある場合もありますし、開業医の場合は一種の会社経営も担う事になります。ですから、一般的には高給取りな職業ですが、その割には神経を使う大変な職業であるとも言えます。奉仕の精神と正義感を要求されるとされていますが、その対価としての金額。高いか安いかは個人が決めることになります。他と比較をすると高いのですが、立場を考えると、当然であり、少ないかもしれないという方も多いはずです。

人間関係についての情報