医師と医療英語について 

医師には、ある程度の英語力が必要です。しかし、世界レベルで見た場合では、日本の医師はとても低い位置にあります。もちろん、論文を書いたり、読むぐらいの能力はありますが、診察や病状の説明を英会話でできる能力をもっている人は少ないです。レベルが低い原因としては、3つあげられます。まず、日本の中学・高校の英語学習では、医療に関する知識を勉強することがないため、基礎学力がないことと、国家試験の科目にまったくないため勉強するモチベーションが上がらないこと、医療関係の語学に関しての専門的な教育ができる人材が不足している

医師の英語の必要性について 

医師は,診察をはじめとする業務において,英語が堪能であることが求められています。海外からの観光客,留学生,労働者など,国内に滞在する外国人は増え続けています。彼らが病にかかったときに,英語が話せないからといって診察を断ることは出来ません。外国人に対する診察時には語学が必須です。その他に,医師として,海外の論文をはじめとする知識の習得や研究には,読解力が欠かせません。更に,海外で医療行為を目指す場合にも,熟練を要することになります。

人間関係についての情報