医師の学識の広さと深さ 

医師は、飽くなき探究心を携えて、日々の医療行為に専念し、その積み重ねとして学識を備えています。患者の抱える疾患を、いかにして克服させるか、疾患の発症を、どのようにして食い止めれば良いか、ということを常に模索し続けています。それらは、患者との触れ合いの中から見出すことができます。すなわち、患者の心身両面から教わるべきことが多くあります。医師は、多くの研究論文を、世の中に発表するだけでなく、一人ひとりの患者に対して、克服に向けてのあらゆる知識や技能を惜しみなく注ぐことが、学識の豊かさを表します。

医師の学識のあり方について 

医師の学識というのはとてつもなく広く、深いものです。医師は医局に属して、専門分野を持っています。そのため、広い医療知識に加えて、分野に特化した情報なども持っています。というのも、医師は医療行為を行うだけでなく、論文を提出することもあり、日常から学びの場にいることになります。加えて、患者の抱える疾患を、いかにして克服させるか、疾患の発症を、どのようにして食い止めれば良いか、ということを常に模索し続けています。現場を通して、患者に対してあらゆる知識や技能を惜しみなく注ぐことが、学識の豊かさを表します。

人間関係についての情報