医師にとっての人間関係

医師と患者の人間関係について 

どのような職業に就いていても、切っても切り離せないのが人間関係です。職場での付き合いはもちろんのこと、接客業であればお客との付き合い方も欠かせないものでしょう。あまりこういったものに縁がなさそうなのが医師という職業ですが、多業種同様に職場の同僚や看護師、また患者と接することも欠かせない仕事ですので、ただ病気を診ていればいいというわけではありません。特に個人でクリニックを開業するような場合、患者との付き合い方というのはとても大切です。いくら腕がよくても、診断能力があっても、患者側からこの医師は信用できないと思われてしまったり、合わないなと感じられてしまった場合、患者は他のクリニックに行ってしまうことでしょう。このようなことにならないためにも患者との人間関係を大切にすることは重要なのです。またそのためには患者が信頼している看護師たちとの関係にも気を付けていく必要があります。このようにどのような職業でも人と接する以上はいい関係を築く努力を疎かにしてはいけないのです。

患者の人間関係について 

患者が抱える疾患の多くは、人間関係のもつれが原因となって発症しています。医師としても、診察をおこなうたびに再認識させられる点です。心身に継続してストレスがかかっていますと、体内の機能にひずみが生じます。働かせる必要のない機能に、過剰な負担がかかることによって、その周辺の臓器をはじめとする部位に異常が発生し、本来の働きがおこなわれにくくなくなります。医師は、患者の苦痛を一刻も早く取り除くべく、治療や薬の処方などに取り掛かりますが、それと同時に、患者の生活環境の改善のためのアドバイスを施します。これが、患者にとって人間関係のあり方についての見直しをおこなう大切なきっかけになります。患者の中には、自分が病気になった原因に対する認識の甘さを持っていることが往々にしてあります。病は自ら作り出していること、並びに生活習慣が大きく関与していることに気付いてもらい、物事に対する捉え方を改めていくことも必要になってきます。

人間関係についての情報

新着情報